いまいち流行ってないAM.45ガスブローバックを流行らせたい! – ZUMIのサバゲーブログ

いまいち流行ってないAM.45ガスブローバックを流行らせたい!

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

新年の挨拶も早々に、タイトルをよく見て頂きたい。
タイトルの通り、AM.45を流行らせたいんだ……。
「流行ってるじゃん!」ってツッコミを入れた方、よく考えて頂きたい。
……本当に流行ってると思います?

「SAO オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」とのコラボレーション・モデル

AM.45って何?って人は東京マルイさんのページをリンクするので見て頂きたい。
https://www.tokyo-marui.co.jp/products/gas/blowback/482

時雨沢恵一先生著、SAOオルタナティブ ガンゲイルオンライン(以下GGO)に出てこないことも無いハンドガンのガスブローバックモデル。コラボレーションモデルとして人気のあったP90バージョンレンに続き、AM.45ヴォーパルバニーに次ぐGGOコラボとしては3品目のハンドガンです。

2022年1月現在は第二ロットが流通中。V10ウルトラコンパクトの時のような大きな問題もなく、またP90バージョンレンのように転売ヤーに荒らされることも無く、現在では比較的容易に入手できる。

性能はというと、実射性能は流石の東京マルイ、まるで問題ない。
小説版で1巻からずっと追いかけてるコアなファンも満足の出来栄え。

コイツを流行らせたい。

イマイチ流行らないAM.45

引用元:東京マルイ

流行らない理由をいくつか書いていきます。
(流行っていない前提で話をしますね)

コラボモデルというスペシャリティ

アニメコラボモデルということもあり独特な形状です。
お座敷シューターさんの目に留まるほど特別性能も高くなく(東京マルイなので実射性能は勿論良い)、且つミリタリー色が強いサバゲーマー達からは「まるでSF」と揶揄される(個人の感想です)存在。

更にコラボモデルだから所持すると元のアニメに引っ張られてしまう。
販売はされている、広く出回っているはずなのに「流行り」にはのれないのはこの辺りが原因の一つかなと思います。

カスタムパーツの少なさ

コラボ元の元ネタがデトニクスカスタムなのでパーツとしては無きにしも非ずなのですが、なんとまあカスタムのしようが無い。
外装はそもそもコラボモデルの雰囲気を壊しますし、内部カスタムパーツも少ない。
外装に至ってはどう弄ればいいのコレレベルで完成されてる。ツヨイ。コラボモデル強い。

それでも好きな銃なので流行らせたい

色々書きましたが、つまるところ好きなので流行らせたいです。
定例会に毎回数名しかいないP90使いが100人集まるような貸切が出来たので、AM45やヴォーパルバニーだって頑張れば30人くらい集まれるんじゃないでしょうか。

30人は冗談として。
昨年P90に集中するあまり、ハンドガンに全然目が行っていない一年でした。
今年はサブウエポンにも目を向けて、ハンドガン周りを真剣に使ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です